静岡の車検は認定工場と指定工場で何が違うのか

静岡に限らず車検を行っている業者には、指定工場と呼ばれるものと認定工場と、そして下請けに出す業者とみつのタイプに分けることができます。あまり気にしていない人もいるかもしれませんが、どのタイプの業者かによって、時間や費用が異なり、トラブルの原因にもなりかねません。
まず指定工場と認定工場の違いを理解しましょう。指定工場とは、自社の整備工場内で車検を通すことができる整備工場のことを言います。それに対して認定工場は陸運局にまで持っていかないと通すことができません。
つまり、指定工場のほうが国のお墨付きをいただいるわけですから、技術面や検査機器など充実といった面で信頼があるということです。本来はどこも指定工場を目指しているのでしょうが、その要件を満たすことができない業者も多いわけです。

指定工場と認定工場で損得があるか

指定工場と認定工場では何か損得が生じるのでしょうか。一つは技術的な信頼度が異なるので、後からトラブルが生じやすいのは認定工場です。ねじが緩んでいたとか、キャップが外れていたというようなケアレスミスが起こることもあるようです。
また、認定工場は陸運局までクルマを運ばなければなりません。そのためそこまでの往復のガソリン代が発生します。クルマが戻って来たら、走行距離がずいぶんと増えていたとか、ガソリンが減っていたというのは、これが原因です。下請けに出される場合、その下請けが認定工場である場合、下請け会社までの距離にさらに陸運局までの距離が加わるので2重に損をすることになります。
また、クルマを走らせたとき、トラブルを起こさないとも限りません。このようなリスクや損失を避けるためにも指定工場がおすすめです。

静岡の指定工場と認定工場を見分ける方法

認定工場を選ぶメリットがあるとすれば、費用を安く抑えているところが多いということです。しかし、指定工場でも格安な料金設定のところが増えているので、認定工場の安さのメリットは薄れているというのが正直なところです。
では、指定工場と認定工場をどのように見分けたら良いのでしょうか。まず指定工場か認定工場かが表示されているかを確認しましょう。看板に表示してあることも多いです。また確実に指定工場と言えるのは、ディーラーや全国にフランチャイズ展開をしている専門店などです。一方で静岡市内でも小さな自動車整備工場やガソリンスタンド、カーショップでは認証工場が多い傾向があります。どちらかわからないときは、正確な情報を知りたいときは、直接尋ねてみると確実です安心です。